鳥羽の旅館で出される海の幸を、季節ごと、旬にあわせて紹介するサイト『鳥羽の旅館で海の幸』
鳥羽の旅館で出される海の幸を、季節ごと、旬にあわせて紹介するサイト『鳥羽の旅館で海の幸』

伊勢志摩鳥羽の魅力は豊かな海の幸にもあり、伊勢海老や牡蠣など全国のグルメたちを
うならせる海鮮ブランドの産地です。
この地方は神話の時代から“御食つ国(みけつくに)”と言われ、海の幸が豊富なことで
知られていました。
伊勢神宮の御祭神である天照大御神も海に囲まれた伊勢志摩に惹かれ、伊勢に神宮を建てる
よう命じたといわれています。
その後も神宮にお備えする魚介類の漁場である御贄所が定められましたが、鳥羽市を
はじめ、伊勢志摩地方に集中しています。
神様も惹かれた伊勢志摩鳥羽の海の幸、旅館に泊まればそれらの料理でもてなしてもらえ
ますので、みなさんもぜひ一度お出かけになってみてはいかがでしょうか。

真鯛

日本を代表する魚で、めでたい、とも言われるように、祝い事には欠かせない魚として広く親しまれている魚です。

あわび

岩礁域に生息する巻き貝の一種で、伊勢海老と並び鳥羽磯部を代表する高級食材です。

伊勢海老

伊勢海老は鯛と同じく、縁起物や長寿のシンボルとして祝いの席には欠かせない存在です。

しらす

シラスとは、カタクチイワシやマイワシなどの魚のまだ透明な時期の稚魚の総称として使われ、関西ではシラス干しのことをチリメンジャコと呼びます。

さざえ

湾口から外海の岩礁地帯に生息し、外海で育ったサザエには殻の表面に角がありますが、内湾で育ったサザエは角が小さいか無いこともあります。

牡蠣

三重県は全国有数のカキの生産県であり、鳥羽磯部は県内生産量の90%以上を占める牡蠣の一大産地です。